2010年12月20日

池上彰 おすすめ本 ひとまねこざる

池上彰 おすすめ本 ひとまねこざる H.A.レイ著 岩波書店。
ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)
ひとまねこざるときいろいぼうし (岩波の子どもの本)


ひとまねこざる (岩波の子どもの本)
ひとまねこざる (岩波の子どもの本)


教えてMrニュースで池上彰さんが子供の頃に夢中になって読んだ絵本を紹介していました。
これはそのうちの1冊なんです。


十数ヶ国語に翻訳され世界中で親しまれているCurious Georgeシリーズです。全6冊。
ジャングルに住んでいたこざるのジョージは、ある日、黄色いぼうしのおじさんといっしょに船に乗って、アメリカに来ました。何もかも初めてのことばかりで、ジョージは好奇心でいっぱいなんです。
片時もじっとしていられない知りたがりやのジョージは、次々と騒ぎを起こします。

池上さんも、子供の頃にプレゼントされ、最初は読まなかったそうですが、
いつのまにか自然に手にとって読んでたんですって。
そこからは、むちゅうになってしまったそうです。

子どもにも、自然に止めるよう、まわりにソッと置いておいてあげることも、
時には必要なのかもしれませんね。

こんなグッズもいろいろ出てますし、DVDだってあります。
子供たちにとってjは、猿のジョージは永遠の友達かもしれません。
キュリアスジョージ ブリッジブックエンド
キュリアスジョージ ブリッジブックエンド


いや、私もさっそく買ってきて、子供部屋にソッと置いておきましたね(笑)

子どもの本 ひとまねこざる 全6冊セット 新版

岩波書店
売り上げランキング: 83690


こちらが関連商品です!⇒ひとまねこざる DVD

こちらが関連商品です!⇒絵本


posted by アキラー池上 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 池上彰 本 おすすめ ひとまねこざる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ひとまねこざる』(H=A=レイ)について
Excerpt: サルは人間っぽい。 もともとヒトの親戚である上に、 しぐさや動きが妙に人間くさい。 動物園でいろいろな動物を見て回っても、 圧倒的にサルが 他の動物よりも感情移入しやすく、 わが子のよ..
Weblog: 酒井徹の日々改善
Tracked: 2011-07-20 18:32

seo great banner
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。