2011年07月25日

池上彰 おすすめ本 クレオって?

池上彰 おすすめ本 クレオ・・・で検索されていらっしゃる方が多いようですが・・・

池上彰 おすすめ本 「クオレ」エドモンド・デ・アミーチス著、講談社。が正しいです。


池上彰さんが「教えてMr.ニュース 池上彰のそうなんだニッポン」で、
池上彰さんが子供の頃に読んだ本を紹介していました。

「クオレ」というのは、イタリア語で「心」とか「愛」とかいう意味の言葉だそうです。

この「クオレ」という作品は、19世紀後半の北イタリアに住むエンリーコという
小学4年生のひとりの少年が、1年間の学校生活に見聞きした
人生と社会のいろいろな問題を日記につづり、
それに毎月1回先生がお話ししてくださる物語を書き加えたものです。

クオレについて書いたページはこちら!⇒池上彰 おすすめ本 クオレ

子供に注文した本は届いて、ホントに喜んで読んでました。。

クオレ.jpg
※クオレ写真

すごく面白かったって。母を訪ねて三千里、題名は違ったけどよかったって。。

こういわれると、親として本望ですね。。。

クオレ (少年少女世界文学館 22)
クオレ (少年少女世界文学館 22)


文庫版はこちら(・∀・)b

クオレ 愛の学校〈上〉 (偕成社文庫)
クオレ 愛の学校〈上〉 (偕成社文庫)

クオレ 愛の学校〈下〉 (偕成社文庫)
クオレ 愛の学校〈下〉 (偕成社文庫)


こちらが関連商品です!⇒
サクラサク中学受験勉強法






posted by アキラー池上 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 池上彰 本 おすすめ クレオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

seo great banner
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。