2010年12月18日

池上彰 おすすめ本 ちいさいおうち

池上彰 おすすめ本 「ちいさいおうち」バージニア・リー・バートン著、石井桃子・イラスト、岩波書店。
ちいさいおうち (岩波の子どもの本)
ちいさいおうち (岩波の子どもの本)


教えてMrニュースで池上彰さんが子供の頃に夢中になって読んだ絵本を紹介していました。
これはそのうちの1冊なんです。

主人公は人ではなく「ちいさいおうち」です。郊外にたっていた「ちいさいおうち」が都市化の波にさらされていく。その姿が夜と昼、さまざまな季節と人々の暮らしの中に丁寧に描かれていく。
すごくおうちの気持ちが伝わってきてとてもせつない。でも、時の流れを凝縮したようなストーリーと石井桃子さんの美しい絵が気に入って何度も読み返してしまうことでしょう。自然のうつくしさや文明の発展がもたらす悲劇をやさしく心に染みるように教えてくれる名著ですね。

さっそく子どもに買ってあげました。うちの子はもう小学4年生ですが、感動してくれたみたいです。喜んで読んでいました。
いろいろ改訂やバージョンがあるようです。
下記のものは子供向けに作られていて、とってもシンプルで心に染み入りました。
大人が読んでも考えさせられますね。
雑踏の中、便利な都会で暮らすのがよいのか、
不便ながら四季を感じられる田舎がよいのか。
誰もが日常生活の中、一度は考えたことのあるのではないでしょうか。

ちいさいおうち (大型絵本 (3))
ばーじにあ・りー・ばーとん
岩波書店
売り上げランキング: 460



【送料無料!ポイント2倍!!】【書籍】高校生からわかる「資本論」 池上彰の講義の時間

教えて!もっと池上彰さん!⇒池上彰


posted by アキラー池上 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 池上彰 本 おすすめ ちいさいおうち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

seo great banner
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。